やめないこと〜おいしさがある意味とは?〜

「おいしい」と、感じることができるとは本当に素晴らしいことなのです。と、いうのも・・・誰かが「なんだか食べることに疲れたから、もう食べないよ」なんてことを言ったとしましょう。その時、食べることに積極的ではないのですから・・・当然、「補給されるべき栄養が周ってきていない」なんてことがわかるものでしょう。

そのことを考えてみると・・・私たちは「おいしさ」によって最後までご飯を食べることができるなんてことなのです。まずはそのことを分かった上で、「おいしさとは味覚を喜ばせるだけにあるのではない」なんてことを理解できるといいでしょう。そしてしなくてはいけないことに・・・「おいしいからこそ、自分の身体はちゃんとコントロールするようにする」ことが大切になってくるのです。それができている人だっているでしょう。

その時、「これをたくさん食べることは、身体が変化してしまうことだから・・・これ以上はよくない」なんてことを思っているのでしょう。ですが、正常に考えることができないときには・・・なかなかそれをすることができなくなってしまうものなのです。例えば、よくあるのが「ストレスを感じて、やけになってしまう」なんていうのがそれでしょう。ちゃんと正常に考えることができないばかりにそんなことになってしまうのです。

あなたが「本当はこうしたいけれど、それをするとどうなるのか・・・?」なんてことをじっくりと考えることができるのならば、なんら問題はないものでしょう。ですが、環境的なストレスなどによって・・・しっかり考えることができなくなったとき「これはまずい」なんてことを思うようにしてください。本当はもっともっと食べたいのだけれど、食べすぎが引き起こすことはあまりにも大きすぎるものでしょう。健康のことを考えたときにだって、やっぱり食べ過ぎることは褒められたことではないことがわかってしまうことでしょう。だからこそ、気をつけるのです。